糖尿病とED

糖尿病とED(勃起不全)には密接な関係があります。医学的見地にたってご説明しましょう

血糖値

糖尿病の食事療法とEDについて

糖尿病を発症すると、尿量が増えたり、喉の渇きを感じたり、以前に比べると疲れやすくなったなどの症状が見られます。
健康診断で血糖値が高めだと診断されたり、自覚症状を感じている人は医療機関に通院をして、投薬などの治療を受ける必要があります。
糖尿病に罹ると、精力が減退したり、陰茎の血流が悪くなって、EDなどの症状が見られることがあるため、お子様を希望している若い年代の人は悩みが深刻です。
血糖値を安定させて、病気を良好に保つためには、食事療法をきちんと行う必要があります。
EDなどの勃起障害を改善するためには、亜鉛やアルギニン、セレンなどが含まれている食品を食べることが大事です。
魚介類や大豆食品などにも豊富に含まれているので、青魚や牡蠣、豆腐や豆乳、納豆などもお勧めしたいです。
ビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいる食品を摂取することも大事なので、トマトやほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜や海藻類などもバランスよく食べるようにして下さい。
糖尿病を改善するためには、腹八分目を心掛ける食事療法を続けたり、適度な運動をすることが大切です。
体に負担に少ない運動を続けることで、血糖値を下げる働きがありますし、全身の血流が良くなるので、EDを改善しやすくなります。
糖尿病や高血圧、高脂血症などの病気は、全身の血流が悪くなってしまうため、EDの原因になりやすいため、毎日の食生活は大変重要になってきます。
カロリーの高いお菓子類や甘いジュース、肉類や油脂などは摂取量を控えることが大事です。
糖尿病は一度発症すると完治をするのが難しい病気ですが、適切な食事療法を続けることで症状が改善することが多いです。
内服薬も飲み忘れをしないようにして下さい。